デザインの知識をわかりやすく発信するブログ

デザイン

【他人のせいにしない】新米デザイナーが必要な自責思考【原因を探る】

更新日:

こんにちは、グラフィックデザイナー歴8年のノグチです。

 

仕事が上手くいかない毎日、つい環境や他人のせいにしがちですが、

新米デザイナー向けに、仕事に必要な【自責思考】についてまとめてみました

・残業が多いのは会社のせい
・スキルが向上しないのは環境のせい
・修正が多いのはクライアントのせい

仕事がうまくいっていないと、つい他人のせいにしてしまいます。

【自分がコントロールできない】状況は非常にストレスが貯まると言われています。

 

デザイナー1年目の自分に伝えたい内容を、解説していきます。

 

残業が多いのは会社のせい

仕事量が多すぎてなかなか帰れない・・・ブラック企業すぎる・・・

 

会社のせいだ!と思考停止するのではなく、

「自責思考」で解決策を探ってみます。

 

仕事量を調整してもらうよう上司に相談

自分で仕事を溜め込みすぎている場合、周りが気づいていないことがあります。

 

「俺ばかり仕事が多くて・・・」とイライラしていても状況は好転しません。

まずは周りに訴えかけましょう。

 

自分の作業スピードを確認、スキル不足なら勉強する

そもそも自分のスキル不足で、作業が追いついていないケースもあります。

 

目標とする人の作業スピードと比較して、数倍の時間をかけていることも。

そのギャップを埋めることに注力してみましょう。

 

マルチタスクを辞める等、仕事の進め方を見直す

複数の業務に追われて、あれもこれも・・という状況だと目の前の作業さえ進みません。

 

まずはタスクを整理して、一つ一つ片付けていくことが結果的に効率が良いです。

タスク管理の定番「Trello」などを利用して、優先順位を整理しましょう。

Trello

 

スキルが向上しないのは環境のせい

教えてくれる人がいない、会社が悪い!と決めつけるのは早計です。

本で学ぶ、セミナーに通うなど自ら行動を起こしてみましょう。

よりレベルの高い環境を、と求めるなら転職も手です。

今勤めている会社は、数十数百万社のうちの一つに過ぎません。

自分に適した環境を探すのも大事です。

 

修正が多いのはクライアントのせい

理不尽な指示に嘆くのではなく、

スキル・理解力が足りない故に、クライアントを選べない自分の実力不足と考えましょう。

少し厳しい意見かもですが、十分な実力があれば仕事も自ら選ぶことができます。

 

【とはいえ自責思考が過ぎると鬱になるので、やり過ぎは禁物です。

冷静に分析した結果、組織の構造の欠陥や、理不尽な人間関係など、

今の自分にはどうしようもできないという状況ももちろんあります。

 

私も自責思考が行き過ぎた結果、誰にも頼らず鬱手前になり、

結果的に周囲に迷惑をかけまくった経験があります。

 

そのような状況に直面したら、逃げるor周りに相談することも大事です。

また、他人に自責思考を強要するのもNGです。

 

今の会社に固執しなくても、転職・フリーランスなど道は無限にあります。

柔軟な発想を持ちながら、適度な自責思考で日々積み重ねていきましょう😌

-デザイン

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.